2018/11/19

ハゼ No. 38、11月18日 淀川左岸、淀川駅下流四角テトラ帯

 こないだの徹夜釣りの疲れで、中3日も空いてしまいました!? まだちょっとしんどいので、比較的移動が楽で足元の良いこのポイントでちょこっと竿出し。
実釣:8時半-12時(10時頃干潮)
仕掛:60cm竹短竿(手バネ付)、0.5号オモリ付ハリス止め、
針キジスペシャル8号、ハリス吸込糸(細手)4cm、エサ青イソメ太サイズ500円

 現地に着いて驚いたのは、水の透明感の強さで、今まで見えなかった底の様子が手に取るように見えた事です。 『こりゃハゼは居ても警戒心が強くて手こずるな!?』と覚悟して、一番の実績ピンポイントからスタート、細目にエサが踊るようにアクションを与えてると、コツッとかすかなアタリがあったので、張るでも緩めるでもない状態から、そーっとゆっくり道糸を張ってゆくと、クンクンッっと引っ張ってくれて、第一号が! かなり良いサイズだったので、先ずは写そうとして、ガラケーを構えると、ハゼちゃんがグリングリン! それを押さえようとしたはずみに・・・ ポッチャン!したのは、ハゼちゃんやなくてガラケーの方でした! ハゼはキープできたものの、あ然としてその後の気力が一気に半減・・・経験者には判ると思います。 なので、今回は現地写真はありません。

 その後も、決して頻繁ではありませんが、一定間隔で確実に良型を上げる事ができました。 ガラケーは、そろそろ干潮の底となった頃に奪還に挑戦。 60cmくらいの水深になっており、透明度のせいで良く見えていたので、腕を全部肩まで突っ込んで、なんとか取り出す事はできましたが、結局完全にお亡くなりになっていて、新しい(でもガラケー!)のになりました。 尚、保存してあった皆さんのメルアドと電話番号の記録も取り出し不可能で、僕の電話番号とメルアドも変更を強いられたので新しくなりました。

セレさん、ぶるさん:すみませんが、そちらのメルアドだけ、このブログのコメント欄に書き込みお願いできますか? こちらから、新しい電話番号も記載してメール送信し、コメントは消去しますので宜しくお願いします。

釣果:流石にセレさんみたいに20cm足切りをする勇気はありませんでしたが、僕なりにはまあまあの結果だったと思います。
20cm以上

18-20cm以下

♂♀はほぼ同数で、♀の良型の卵巣はだいぶ成長はしていますが、産卵には(カラスミにするには?)まだまだで、後2ヶ月近くかかるのではと思います。

考察
かなりの数の良型が四角い平たいテトラの下面に隠れて居ると推測しますが、入り口付近にエサを垂らした程度では、食いに出て来てくれる率はかなり低いように思います。 また、このポイントはテトラの外は浅く穏やかで細かい砂泥上の底質が続くので、ほとんどと言って良いくらいアタリはありません。 最初のアタリは竿に感じる事が多いですが、そこから食わせて針に乗せるのがかなり難しかったです。 短いアタリの後、道糸を緩めて送り込んで待っても、口から吐き出してどこかに行ってしまうようで、それで終わってしまいます。 張るでも緩めるでもない、ごく僅かにテンションが残った状態を継続し、(向こうが話すと道糸が緩むので判る)ゆっくりゆっくり張りを強めて行くと、向こうから引くか、食ったまま意地でも離さないのでテンションが強くなるかのいずれかになれば、思い切って合わせを入れました。 今回は、ほとんど全てこのパターンでした。 尚、仕掛が一気に移動するのに乗らない上に根掛かりをする事が頻発しましたが、犯人はテナガエビでした。 今回は潮が澄んでいたので、この様子を目で確認できた次第です。 まだ、かなりの数のテナガが浅場にいて活発にエサに食いついてきますが、こんな年は初めてです。

僕なりのピンポイント概説
このポイントに興味を持たれている方がおられるので、少し詳細に説明してみます。

アクセス:阪神淀川駅から淀川左岸沿いの道を下流に向かって5-10分の場所です。 鉄製梯子がありますので、これを降ります。(梯子は鉄製で丸いバーなので、滑りやすいから注意して下さい。 写真のように、梯子1が最も近くて直線的にポイントに行けますが、梯子を降りても道(踏み跡がほとんど無いので、追い重なる雑草を踏み分けてのアクセスが大変です! また梯子1は、2mくらいの高さのフェンスの内側なので、フェンスをかき登る必要があるのでお勧めできません。
梯子2は更に少し下流にありますが、降りると踏み跡がはっきりしていて歩き易いです。(写真でもはっきり見えています。) すぐに上流から下流に伸びる踏み跡に合流しますので、これを北(上流)に向かって下さい。 この場合、このポイントに出るのは、梯子1/緊急放送用スピーカーがあるところなので目安にして下さい。

ポイント説明:写真で説明しますが、どの穴とか、ほんとの意味でのピンポイントは書きようがないので、ご自分の嗅覚で『入口が狭くて、奥の暗いところの懐が広い(または深い)』ところを見つけて下さい。 尚、夜はやった事がないので、あくまで昼の穴釣り対象の、それも概略の説明です。

たかだか四角テトラはこれだけです。
このテトラの一個の構造です。 上面が平らで足場が良く、これが積み重なると赤矢印の部分にハゼの好む暗くて奥行きのある空間が生まれる次第です。
 赤い線より沖川では先ず釣れません! 強いて言えば、矢印のところにできているスリット上の隙間の最も岸寄りの隅なら、1釣行に1-2匹は上がっています。 でも、やはりこの線より岸寄りを狙うのが正解やと思います。
 あくまで例ですが、最も岸寄りにあるこのスリット↓は少し潮位が高い時にヒットが多かったです。
手前から右手に続く一番岸寄りの一列と、その向こう側沖側に並ぶ一列が写っていますが、この赤い線2本の間に同じパターンで繰り返し点在する、良さげな隙間を見つけ出して下さい。
それと、このポイントはまだ去年から行くようになったばかりで、夜釣りがどうか、シーズン性(産卵間近の12月頃)はどうか等、まだまだ僕も良く判っていませんので、その点はご注意下さい。
 経験された方は、コメント頂ければ幸いです!

2018/11/14

ハゼ No. 37、11月13~14日 淀川左岸、伝法 徹夜釣り

 ホームのハゼは夜しか釣れなくなったし、伝法もそろそろ夜型になったか様子見に行ってきました。 どうせ行くならじっくり探って、ドッサリお土産と欲張って、今年初の徹夜釣りにしました。

 今回は下げ潮狙いで、下げが明確になる23時頃にスタートして、始発で帰りたいので、干潮の底寸前の4時半終了でした。

 仕掛けはいつも通りで、4.5m硬調延竿、エサは青イソメ太サイズ800円(2/3くらい残りました)

 到着時には結構風がありましたが、1時間程で全く影響のない状態になりました。
・・・が、なんと!? スタートから3時間くらいは、外道のアタリすら皆無の状態で、スロープ下辺りから、中央階段の少し上流まで、テトラ際を流したり、竿いっぱいから引いたり、あげくの果てには見えない穴に予測で仕掛けを落とし込んだりまでしましたがダメでした。 ぶるさんは、たった2時間半で14匹も上げてたのに! その日、その時の、ポイントを見定める自分の力不足を痛感しました。

 いつも納竿時間を決めておいて、それまでの1時間毎にアラームをセットして時間経過が解るようにしているんですが、2時半のアラームの時点で坊主だったので、撃沈を覚悟! でも、始発まで時間があるので、し・か・た・な・く、竿を出し続ける事にしました。
 この時点で、潮位はかなり下がっており、テトラ際の底が見え始めたので、仕方なくこのテトラ帯では最も水深がある、上流側の北角から少し下がった辺りに移動して再開しました。

 その10分後くらいにテトラ際の小突きで、この日の第一号をやっとこゲット、まあまあの良型でホッと!

 更に潮が引き出したので、竿いっぱいから亀さん引きをしていると、かなりの良型! その時点で3時半のアラームが鳴って、あと1時間!! ところが、なんとその周辺で沖目を数回引けば確実に上がるようになりました。 ・・・が、終了時間のアラームが鳴り、最後に掛けた良型を目の前でポッチャン&ガックシで終了しました。

 最初から上流側だったらずっと釣れてたのか? ずっと下手の同じ場所でやっていても、時合で同じように釣れたのか? どんな風にハゼ釣りを組み立てたら良いのかさっぱり解らなくなった一日になりました。

刺身用に活かしクーラーで持ち帰ったので、元気過ぎ!
最長でも20.5cmでした。

 たっぷりのお土産は事前の夢だけで終わり、ええ歳になった自分の体力の無さを思い知らされました・・・
 これからどないしょ~~~???

2018/11/10

ハゼ No. 36、11月9日 ホーム

 ほんとは4連戦続けたかったのですが、中一日空いちゃいました。 朝方まで結構雨が降り、その後も時々パラつくと言う、僕的にはハゼ釣りに絶好のコンディションになりました。

 風も無く、水面は鏡のように静かで、浅場は夜なのに底が見える程透明、しかしいつものナブラがほとんど立っていないのがいつもと違う点でした。

実釣:18時-21時(満潮19時半頃)
仕掛は前回と全く同じ

 石畳に立つと既に結構潮が高く、日没から1時間程経ってるので真っ暗なので、一投目からアタリが出そうな気配! ・ ・・ ・・・ ん? 30分経っても何も起こらない・・・思い切り浅場も、最近アタリが出るようになった深場も、竿いっぱいの遠くも、5.4m竿が長過ぎると感じる近場も???

 困った末に夏場立ち込んでデキハゼを釣る超浅場へ行くと、やっと16cmくらいの小型が一匹、でもその一回のアタリのみでアタリが続きません。 1時間半以上経って満潮から下げに入り出してこれだったので、今日は雨が裏目に出たかと思いかけていました。
 どうせ終わるんなら、最近ヒット率の高いピンポイントでと、元に戻って横向きにサビき始めるとすぐに、良い感じで竿に伝わるアタリで上がったのが、まあまあサイズのこの子

 不思議な事に、潮が目で見てもかなり下がったと判るこの頃からアタリが良く出るようになりました。 ここぞと集中を高めてケイちゃんと約束してきた時間目一杯やって終了しました。

釣果:16-18cm(残念ながら、結局3連戦は全てこの範囲内のサイズに滞まりました)

この日の長寸はせいぜいこの程度
元気過ぎ! (汗)

 こんなに潮が下がってから釣れたのは初めてだったので驚きました。 特に潮の動きに変化があったようには思いませんし、ナブラがほとんどないままだったのも不思議でした。

 何でこんなに釣れたかようわからへんし~ ♪チャンチャン♪

2018/11/07

ハゼ No. 34・35、11月6日7日 ホーム(改訂版)

6日は、大潮なのでホームの夜釣りへ

実釣:17時半-20時(18時頃満潮)
5.4m硬調延竿、他はいつもの仕掛

 薄明りの残る中をスタートしますが、しばらくはアタリが皆無でした。 風がどんどん強くなり、両手で竿を支えても、アタリ取り用のケミホタルが風に舞い、道糸も思うように操作できません。 完全に暗くなってからアタリが出始めましたが、ピンッ!と弾かれて終わりになる事が多く、その前に食ってるのがまるで解らずじまいでした。 アタリはポツポツと少ないなりにずっと続く中、掛けられたのは半分以下(いや1/3くらいだったかも・・・)

 潮が低くなっても、アタリはまだありましたが、風も収まらないし、ひーちゃんの宿題もやらせないといけないので、帰宅しました。 300円の青イソメ太は半分以上残ってました。
 今夜も行きたいな~・・・

釣果:16-18cm

考察:
 オモリ0.5号のすぐ上に、エサ回収用の目印にチモトホタルを付けていますが、いつもは両端を黒チューブで固定し、光を極力小さくしています。
 今回は、集(嫌?)魚性を見たかったので、半透明の光拡散チューブにしてみましたが、特にハゼが光を怖がって釣れなくなる事はなかったように感じました。

7日も連戦に
実釣:17時半-20時(18時半頃満潮)
5.4m硬調延竿、他はいつもの仕掛
昨日のエサが半分ほど残ってた分だけ使いました。
チモトホタルは、いつもの両端を黒チューブで隠すタイプに戻しました。(なんとなく)



 風は、10分に一回くらいサーッと吹く程度でやり易かったです。 竿いっぱいに振り込んで、亀さん速度で手前に引いてくると、途中でチョンと前アタリがきて、道糸を緩めて待つと、クンクンッ!とケミホタルが引き込まれて、ガッチリ合わせると良い引きを楽しむ♪ こんな典型的な夜ハゼ釣りを楽しむ事ができました。 でも、途中ポッチャンが3回⤵
 条件は良かったのに、結局前日と大して変わらない釣果・・・って事は、風のせいやなくて、腕がヘタクソなだけやったー!(大汗)

釣果:16-18cm

2018/11/05

ハゼ No. 33、11月4日 淀川左岸、淀川駅下流四角テトラ帯

 最近ひーちゃんは芦屋川河口の浅瀬で手掴みでチビハゼ(ちゃんとしたマハゼの10cm前後)を獲って来るのが趣味になっています(笑) でも、もっと大きいのを釣りたいって言うので、最近一番成果が良く、しかもテトラが平たく足場が安全なここに行ってきました。
 
実釣:11時-15時(10時半干潮、17時満潮)
仕掛:竹短竿、その他はいつも通り、エサ青イソメ太500円(二人でシェア)

 危険防止の説明だけは丁寧にしましたが、釣り方は自分流でやりたいそうなので放っておきました。 着いた時は、干潮の底に近かったのに、20分後くらいには先ずひーちゃんが20cmオーバーを上げるのから始まりました。

 その時合でばたばたと、5匹程度釣れて、後はポツリポツリでひーちゃんは退屈そうですが、それでもポイントを色々工夫しながらチャレンジしてくれました。

 潮の上りが早くなって、テトラにバシャバシャと波がき出した時にまた時合があって、ひーちゃんも二匹、僕も10匹近く上げたと思います。




 結局ひーちゃんは計3匹でしたが、全て大型ばかりでとても喜んでくれました ♪

2018/11/01

ハゼ No. 32、11月1日 淀川左岸、伝法でござる

 ブログ仲間も、Facebook仲間も、どうも淀川のハゼちゃんが芳しくない状況が続いています。
そろそろ上向くと信じてるんですが、とにかく様子を見るしかないって事で、僕にとっては冬ハゼのキーポイントである伝法(阪神なんば線のすぐ下流のテトラ帯)に行ってきました。

 一見暇そうですが、家事もあるし孫の世話もあるので、今日は合間をぬって3時間程の釣行になりました。 必ず潮時表は見てから行くので、干潮の底から少し上がり始めたとこだろうとは思ってましたが、沖側のテトラの下には20cmほどかろうじて水がある程度でした。

実釣:9時-12時
仕掛:4.5m硬調延竿、0.5号オモリ付ハリス止
    針キジスペシャル8号、青イソメ太サイズ300円

 最初は、このテトラ帯で最も水深がある北角で凹みも含めてやりましたが、チチブがどんどんエサを食ってくるのみで、マハゼの気配は皆無。 1時間ちょいして、少し潮が上がったところで、中央付近に移動。 最近いつもやっている、沖側テトラとすぐ手前のテトラの間にできている隙間(赤の三角で一辺が20-40cmくらい)の中を順次下流に向かって小突いていきました。 赤↓のところがほぼ全て似たような隙間になっており、順次どんどん移動する訳です。

 ここも例外なくチチブにやられっ放しでしたが、およそ30分毎=5-6個の穴に一回の割でマハゼがヒットしました。 今回は、なんとなくですがチチブとマハゼのアタリの差が判った気がしました。



 エサが底をついてきたところで、一匹かなりの大型がヒットして水面は切ったんですが、クリンクリン・ポッチャン!をやって終了になりました。

釣果:4匹揃ったように20cm♂♀同数でした。 と言う事は、♂はまだ穴掘りは始めてないですね~
卵巣・精巣ともにまだまだ小さいので、まだ1-2ヶ月は狙えそうです。

 ちなみに、まだこのように昼間でもピンポイントの穴を狙えば良型が釣れますが、例年だともう半月もすれば完全な夜型になって、穴狙いではなく沖川テトラの外側を小突いたり、横に流したりするような釣り方になります。 断定的に言ってますが、あくまで僕のヘッポコ流の考え方です(大汗)

2018/10/30

ハゼ No. 31、10月29日 加古川

 2ヶ月ぶりの加古川で、さぞデカいのが釣れるだろうと欲ばかり描いてます(笑) 遠征するならと、足切サイズは17cm以下はリリースと決めていました。 後で後悔するのにねー(苦笑)

 ここのポイントは、全ての護岸にテトラが入っているので、投釣り以外では穴釣りポイントのみの釣り場です。 大好きなエリアなんですが、何せドア・トゥー・ハゼに2時間かかるのでなかなか行けないのが欠点です。(交通費は淀川の3.5倍)

 始発で上げ2分くらいの潮から満潮までを狙って行ったのですが、着いたら思いの外潮が低くて、沖側のテトラがむき出しの上、狙えるような穴がほとんど無い状態でした。

実釣:7時半-12時(エサ切れにて終了)
仕掛:60cm竹短竿、針キジスペシャル8号、青イソメ太サイズ500円、他いつもと同じ

 それでもテトラの足元にある深さ20cmくらいの水溜りに仕掛けを入れると、15cm前後のが結構どん欲に飛びついてきます。 しかし、あまりにも潮が低いため大型が潜むような穴がほとんど無い状態でした。 30分くらいはリリースを50匹くらいはしたでしょうか、やや深めの奥まった溜まりに道糸を手でたぐって竿先を突っ込み、20cmくらいの空間を竿を上下して小突いてやっと1匹目のキープちゃんが出ました。

 その後も、10匹釣れば1匹キープくらいのペースで、ポツンポツンと中~大型が出るには出ましたが・・・ 正直、あまりのリリースサイズの多さにイライラが募って、乱雑な扱いをしてしまったハゼちゃんが数匹居たので、反省しております!

 潮の状態がとても良かった為か、活性が非常に高く、広い空間にエサを投入した場合は、あちこちの穴から、無数のチビッ子(と言っても15cm前後!)が飛び出てきました。 しかし、キープサイズは、とにかく釣りずらい牡蠣殻だらけとか、入り込んだテトラが積み重なった奥で竿先を突っ込むのがやっとのようなピンポイントでしかヒットしませんでした。 ちなみに、キープサイズも含めて、2cmくらいの長さでボロボロになったエサでも普通に食いついてきました!

 そろそろ潮が上がって、一番岸寄りのテトラの足元で釣れる時間が来た!と思ったら、青イソメが最後の一匹に・・・ 4っつに切って使って、なんとかキープ一匹を追加できました。(ホッ!)

 しかし、20cmオーバーは出ないし、やっとこツ抜けと言う事で、なんか疲れた一日になりました・・・とさ!(8月来た時と同じようなサイズで、しかも半分くらいの数しか良型が釣れてません)