2018/09/16

ハゼ No. 19、9月16日 淀川右岸・なんば線『福』駅上流

 豪雨あり台風ありで遠のいていた淀川ですが、冬場の20cm超抱卵大ハゼに繋げる為には、そろそろハゼが元気に成長している事を確認しておきたいものです!
 上流域は川上からの大量の淡水の影響が強いのではないか? 海に開いた河口域の湾岸線辺りなら、影響が少ないか? と、色々迷ったあげく、本流からの凹みとテトラによって少しでも濁りを避けられないかと思い、この場所にしました。
 
結論から言うと、なんとか淀川は復活してると実感できる結果になりました。

 小4のひーちゃんとの釣行になりましたが、放っておいても自分でポイントを探して、エサ付も勝手にできるようになったので、怪我にさえ注意していてやれば良いようになったので、ある程度は自分の釣りも楽しめるようになってきました。 二人の釣果は30匹(13cm以下のリリースサイズは、それほど多くはなかったです。内2匹はウロちゃん)
<セレさん、ぶるさん:40匹って言うのは、勘違いでした。>

マハゼは最大でも15cm程度・・・ちょっと残念

今日の釣り場

 サイズは小ぶりで、総体に活性は高かったんですが、風もないのに波がとても荒く、アタリの多い浅場のテトラ際は仕掛けが翻弄されて、めちゃ釣りにくかったです。 いつも、一番に『釣れた~!』って言うのはひーちゃん

 それと、底にはまだまだゴミが多くて、仕掛けが引っ掛かって大変でした! 波の影響が少ない深さの所は、まるでアタリが出ませんでした。



 あと一か月もすれば、平均で17cm級に育ってくれるものと期待しています。

実釣:7時半~11時半(12時頃満潮)
仕掛:僕は3.6m、ひーちゃんは2.7mの竿
0.5号オモリ付ハリス止、針一刀アマゴ王6号、
ハリス:赤吸込糸4cm、エサ:青イソメ

2018/09/13

ハゼ No. 18、9月13日 ホーム

さて、激変のホームや如何に!?

 波静かで、透明度もまあまあ、しかし相変わらず芦屋川からは相当の水量で流れ込みが続いています。 ゴミの処理は、地元有志の方が少しずつ片付けられている程度で、官公庁による本格的な廃棄処理は手付かずのままのようです。

 子供達が登校するのを見送ってすぐに海へ、9時頃満潮で8時前には一投目をスタートする事ができましたが・・・

 ひたすら シ~~~ン・ ・  ・   ・

 1時間ほど経過し、ほぼ満潮の頃に初めてのコツ当たりがあって上がったのがこの子

 あちこちで、ボラはバッシャーン!ボッチャ~ン!!と跳ねていますが、その後もアタリは皆無でした。 通常今の時期になると、石畳の水深20 ~ 30cmの石の上に寝ハゼが見えるんですが、それも皆無。 今日は最長の5.4mの竿で届く範囲の遠近と波打ち際から、普段行かないトンネルポイントの向こう側まで探りましたが、全くのノーアタでした。 がっかりして、10時頃になって下げ潮になったので、止める事にして・・・

 まあ、いつもの癖で、道糸を持って石畳の中をトントンと探ると・・・
『おるで~!』の合図が手に伝わってきました ♪
この時期らしいサイズ

なんだかホッとして、隣の穴にご挨拶すると・・・
君は育ちが遅いね!

 この後10分ほど目ぼしい穴を探ってみましたが、チチブ以外に音沙汰がなかったので、皆さんにお帰りもらって、こちらも帰宅しました。
 なんとか次の大潮の時には持ち帰れるくらいは釣れて欲しいですね~

 さぁて! お次の調査は淀川と行きたいとこですねー!?

2018/09/10

ホームの変化

豪雨⇒台風⇒豪雨と、とんでもない天候が続く日々・・・

 一番のお気に入り立ち込みポイントがドンドン砂で埋まっていくのが心配で、残念でしようがありません。 数年前の画像と比較すると、歴然と違いがあります。

2016年9月

2018年9月10日昼

 台風の高波で、手前の手すりが流されてしまったので、ぴったり同じ位置で撮る事がでいませんでしたが、いかに石が埋まって変化の少ない砂浜化しているかが判ると思います。 小さな砂利石は跡形もなく消え去り、大きな岩も足元がすっかり埋まってしまいました。 たぶん、もう以前のように立ち込みで初期のデキハゼを数釣る事はできなくなってしまったと思います。

 それと、浅場から少し深くなる境目になっていて、ピンポイントで大型ウロハゼ、デカマハゼ、根魚(ガシラやタケノコメバル)が狙えた、このトンネルポイント(赤矢印)もすっかり様相が変わって埋まってしまい、ご覧の通りです。 冬場の抱卵ハゼのポイントも今までとどのように変化するか(あるいは、しないのか)あちこちをじっくり探る必要がありそうです。

♪ ピケ’s スイーツ ♪

Piquetti Morbidi

イタリア語全然解らへんのに、勝手にお菓子の名前つけてます(笑)

 何度も作ってるソフト・アマレッテですが、大きくレシピに手を加えてオリジナルにしてみました。
 今回の一番の特徴は、ドライ黒イチジクを加えた点です。 そして、今までより一層ホワ~ット感を強調する為に、メレンゲの量を3割程度増加させました。 更に、ヘーゼルナッツ・ホールは四つ割りくらいに大きく砕いたものを加えてナッツ感を増加させています。

・・・って事で、狙いはピッタシカンカン!

焼き具合もバッチシ!!

 今日のエスプレッソはこんなカップで・・・
 豆は Unir Coffee の "El Salvador Monte Sion" ガッツーンとくる気持ちのエエ酸味と、後を曳くような旨味が特徴!!!

2018/09/02

ハゼは Red で!?

 かなりの強さの台風に、またまた直撃されそうなので、かなりガックシきている、今日この頃です・・・
 でもって、ちょっと退屈しのぎに、僕の仕掛と、そのアホなこだわりをご紹介(笑)

【仕掛の変遷】
初期に使ってたものです。

 ハゼを釣り物の一つとして、本格的に釣り始めたのは、30代の時に四日市転勤になってからです。 一番足しげく通ったのは、当地方では有名な白子港で、もっぱらチョイ投げスタイルでした。
 その頃の定番が一番左の誘導仕掛でオモリは1~3号、針は普通の市販のハリス付ハゼ針でした。 中通しオモリだけとかも使いましたが、とにかく「ハゼが抵抗なく食ってくれる」と信じて、遊動仕掛しか使った事はありません。 また「遠いとこ程釣れる」と信じ切ってたので、ハゼ釣としてはオモリが重い方だったと思います。

 10年ほど前に兵庫県、芦屋市に戻りましたが、意図した訳ではなかったんですが、芦屋川河口の現在僕のホームとなったポイントから徒歩10分くらいの処に住む事になりました。
 すぐにここでハゼ釣りを始めたんですが、秋になると目の前の石畳の水深10~20cmのところに、そこそこの大きさのハゼが多数見かけられるのにびっくりしました。 ここで、初めての見釣りが始まりましたが、この釣り方だと仕掛がシンプルかつ直結でハリスの長さが短い程扱い易かったので、真ん中の様な遊動でない直結仕掛を使い出しました。
 それと、この時に、ハゼが赤いものに興味を持つと言う記事が目に止まり、オモリを赤く塗ると、なんと!エサではなくて先ず赤いオモリに体当たりして来るのを何度も目の当たりにしたんです! そして、オモリを鉛のまま・赤く塗ったもの・黄緑蛍光色・白く塗ったもの・を比較すると、実際に圧倒的に赤に寄って来る事が判りました。

 途中で、2本針仕掛けだとエサが目立ち易く、ブラブラ動くので釣り易いと言う記事にひかれて、右端のような仕掛を試したり、お江戸で有名なシンプルな遊動仕掛を使ってみたりしましたが、自分の釣りスタイルは結構攻撃型であり、また道糸からエサまでをいかに直線的かつシンプルにするかにこだわるようになりました。 すなわち、遊動仕掛から離れ、固定オモリでハリス直結となった次第です。

【道糸&ハリス】

 もともと源流のアマゴで始まり、地磯中心のグレ釣りになり、最終的にハゼ(のみ)に落ち着いたので、最初はハリスにフロロカーボンを使っていました。 しかし、ハゼ(特に真冬の抱卵した)の居食いの微妙なアタリには、殆ど伸びる事が無いPEが良いと言う結論に達しました。 ところがハリスとしてPEのものは出回っていないので、結局道糸には太目(1.5 ~ 3号)ハリスには同じ糸の細目(0.8 ~ 1.0号)を使うようになりました。 勿論色は赤でなければなりません!(笑) ただ、PEをハリスにした時には2つの大きな欠点がありました。
  1)フニャフニャと柔らか過ぎてとても絡みやすい
  2)根掛かりした時に切れてくれないので、無理に引っ張ると竿を傷めるし、糸を引っ張ると指が切れそう
 しかし去年ハゼ好きのグループのFacebookでたまたま知った”吸込糸”の存在! 通常3種類の番手があって、一番細目のでもかなりの太さですが、試しに冬の大型につかって大成功! 食いに影響はないし、アタリの感度はPEと同じだし、掛かりは良いし、絡まないで、根掛かりはちょっと引っ張れば切れてくれるし、しかも赤いし、文句なし!!! なので、これに変えましたが、デキハゼ(10-11cmくらいまで)には、少し食いが落ちるようにも思えますが、まだ確信はありません。

【針】

 13cmくらいまでの、いわゆるデキハゼにはあまりこだわった針は使用していませんが、デキハゼを掛けるのがメチャメチャ下手糞なので、針先の鋭さでナノヤマメを使っています。 3号から販売されていますが、なんとなく僕の最小サイズはデキハゼ用として4号を使ってます。(チビ防止のつもり)
 それより大きいのを狙う時は、一刀アマゴ王7号(これがこの針の最大)がメインで、真冬の大型にはキジスペシャル8号を主に使っています。 これら渓流針の形状(懐が大きく丸い)が僕のハゼ釣りには合ってるみたいです。 ちなみに、一刀アマゴ王は超半スレ針で、カエシが半スレよりさらに微小になっていて僕の好みにぴったしなんですが、残念な事に7号が最大で、大ハゼには少し小さ過ぎるように感じています。
 今まで使った一番大きな針は、サクラマススペシャル10号で、実際に釣れてはいますが、やはり大きく軸が太い分ちょっと食いが落ちているように思えます。 ついつい大きな針に手を出してしまうのは、合わせのタイミングが下手なので、技術をカバーして飲み込まれるのを避けたいが故です。

【オモリ付ハリス止】

 こんな風に作って、こんな風に使っています。
 竿・道糸・オモリ付ハリス止・ハリス・針・・・どこまで一直線で、シンプルかを追求した結果がこうなりました。 勿論、道糸に直接針を結び、適切な場所にカミツブシを付ければ、よりシンプルにはなりますが、根掛かり等の際に、素早く針を交換する事を考慮するとそうできないのが残念です。

【ハゼクラ】

 5年くらい前になるでしょうか? 今年初めに亡くなった地蔵さんが、いち早く淀川発祥のこんな釣り方があるのを紹介して下さいました。
 ルアーにせよ、エサ釣にせよ『その魚が食べるもの』で釣る事に変わりはありません。 僕の知ってる範囲では、他には縄張り争いを利用した世界的にもユニークな『鮎の友釣り』があるだけなのでは? ここに、そのどちらでもないハゼの習性?『赤くて動くものに興味津々♬』を利用したこの釣りに興味を持って、すぐに作ってみました。 一応は、見よう見まねで、沈む為のバランサーの埋め込み、左右に揺れ動く工夫、底に潜ろうとさせる先端のベロと、工夫はしたつもりです。
 ・・・が、結局使わずじまいです。 このままに終わるかも!?

【ハゼ釣用ドレスコード】

勿論、赤に決まってますやん! 洗濯中と極寒期を除き、これを着て釣り場に居てます(笑)



しょ~もない記事にお付き合い、アリガトございます!!!

2018/08/31

ハゼ No. 17、8月31日 加古川

”困った時の加古川” 復活の兆し!

 ホームは数が出ないし、淀川もさっぱり、でも型狙いをしたい!
 そんな時に頼りになるのが、ここ加古川でした。 でしたって言うのは、ここ数年さっぱりアカンかったからです。 しかも、淀川は台風と豪雨の影響をもろに受けて立ち直れていないし、ホームもその影響で酷いゴミだらけ・・・ 過去には、ここ加古川も台風でゴミだらけの事が結構あったので、現地に着くまでは不安でした。
 ・・・が、現地に着くとご覧の通りとても良い水色で、ほんのり濁ったとても良い感じ!!!

 最近通っている、左岸相生橋の下流に連なるテトラ帯の南端近くで穴釣でした。 始発に乗っても、竿を出す頃にはかなり陽が上がっていますが、なんとかまだ土手の日陰です。

実釣:7時半~12時(青イソメ太サイズ500円分がエサ切れ)
約1m手バネ付自作竹竿
仕掛:0.5号オモリ付ハリス止、針一刀アマゴ王6号、ハリス吸込糸細手約4cm

 少し風があって波立ってますが、穴釣りには影響なく、一投目から元気でよく太った13cm前後のデキハゼがどんどん釣れてきます。 折角の良型狙いの遠出なので、リリース足切サイズは15cmに決めてたので、アタリが少なそうな ”暗くて 狭くて 浅そう” なピンポイントを探していくと・・・

 ちゃ~んと良型のヒネちゃんが飛び出してくれました。 この1匹目キープまで20分くらいかかっちゃいました(汗) 

 この後も、チビウロ、当年マハゼが混じりながらも、10~15分毎程度のペースで良型ヒネちゃんをキープする事ができました。



 今回は、潮が上がるにつれて変化するヒネのピンポイントにうまく対応できたようです。 天気予報では、終日曇で午前中小雨混じりやったから勇んで行ったんですが、結局カンカン照りの酷い暑さに参りました。

飲み込まれて、途中で亡くなったマハゼ:16~19cm、8匹

元気に生きてたウロハゼ:16cm前後、3匹

元気に生きてたマハゼ:16~19cm、7匹


 今日の反省点は、合わせのタイミングです。 上記のように、半分くらいは飲み込まれています。 それなのに、合わせ損ねたのもかなりの数でした。 じっくり食わせると飲み込むし、早合わせだと掛け損ねるの繰り返しで、まだまだ修行が足らないのを実感させられました。
 それと、今の時期にこの調子なので、ひょっとしたら今年は加古川が当たり年なのかもです!!!

 帰りは、わざわざ右岸に橋を渡って、高砂駅前へ・・・お店開いてました~

♬ チャンチャン ♬

2018/08/28

ハゼ No. 16、8月28日 裏ホーム

 楽しみな大潮になりましたが、こないだの台風20号の影響が気になるところです。 穴釣りポイントの石畳にはぎっしりと木質ゴミ(葦の茎、木の枝、等)が足の踏み場もなく積み上がっています。

実釣:6時-9時(7時半頃満潮)
仕掛:4.5m延竿、0.2号オモリ付ハリス止、針ナノヤマメ4号

 一番手前のデキハゼ立ち込みポイントは大木が2本横たわっていますが、それほどでもなかったので、先ずはここで1時間程竿を出してみました。 ・・・が、まるで生命反応なしで断念

 前から気になっていた、川を挟んで反対側の河口右岸の海にあるテトラ帯に転身

 順次奥=写真では手前(西)へと探って行きますが、こちらも同様に無反応、むしろいつものポイントの方がチビボラやチビセイゴが沸いていました。 テトラ端まで来て、凹みを回り込むと畳一畳ほどの石畳があったので、この隙間に仕掛けを落とし込んで、小突いていると鮮明なアタリが出て上がったのが、珍しく木っ端グレ

 ・・・え!? こんなん釣れるんやったらハゼはアカンのかと思ってたら、同じポイントでチビハゼ君が

 居るには居るんだと、ひつこく穴を探っていくと・・・ヒネ1

 深目の穴の底に・・・ヒネ2

 なんとか3匹・・・ヒネ3
 でも、針を外したとたん、ブルブル・・・ポッチャン!! やってもうたー(泣)

 ・・・って、事で潮が下がって、根気も下がって、終了しました。 ヒネちゃんに会えたのは嬉しいけど数がまるでダメ男君 こんなんハゼ釣りちゃうやん! ほんとに今年は最悪です!

 せめて、15cmオーバーでツ抜けたい!!!

 ところで、帰り道にいつものポイントをふと見ると

 何やらナガ~~~イのが動めいてる???

 余りに大きいので、ちょっと怖くなりましたが・・・

 近づいたのを見てビックリ!
 なんとなんと、超デカウナギ!!!

 浅瀬の岸部まで来たので、手掴みに挑戦しましたが!
 取れる訳ないやんな~
 しばらくの間、ただ茫然と逃げ去った沖合を眺めておりやしたとさ!!!